飛ばし携帯を使用する闇金業者

闇金業者の飛ばし携帯

 

飛ばし携帯は闇金業者の必須アイテム

 

闇金業者に欠かせないアイテムの1つが「飛ばし携帯」と呼ばれる電話です。

 

違法行為でお金を巻き上げる闇金業者は警察の目から逃れる必要があります。そこで飛ばし携帯を使って業務を行っています。

 

また飛ばし携帯は闇金業者だけではなく、様々な犯罪組織が使用しています。オレオレ詐欺などの犯罪を行う組織です。

 

今回は飛ばし携帯について解説していきます。そして闇金業者が摘発されにくい理由も飛ばし携帯に絡んでいます。

 

 

飛ばし携帯とは何なのか?

飛ばし携帯

 

飛ばし携帯とはどんなもの?

 

闇金業者が債務者との連絡で使っている携帯電話。ほとんどの業者が携帯電話を使用しています。

 

固定電話だと事務所でしか使用できず、さらに契約している場所も警察に特定されやすいので捕まるリスクが高まります。

 

そこで使用しているのが「飛ばし携帯」と呼ばれる携帯電話です。この携帯を使用する事で警察の摘発から逃れる事が出来るのです。

 

この飛ばし携帯というのは簡単に言うと他人名義の携帯電話です。他人の名義なので闇金業者が使用してもバレにくいという仕組みです。

 

ではなぜ他人名義の携帯電話が手に入るのか?という疑問が沸いてきます。これも実は簡単に手に入れる方法があり、闇金の債務者の名前で携帯を契約させているからです。

 

闇金の返済が行き詰っている債務者に対し、携帯電話を契約してきたら債務を減らしてやるとか、金利を少なくしてやるといった甘い言葉をかけていきます。

 

債務者は切羽詰まっているので正常な判断など出来るはずもなく、闇金業者の言いなりになって携帯電話を契約してしまうのです。

 

こうして飛ばし携帯を手に入れた闇金業者は、その携帯を使って貸金業務を行い、債務者に対する電話で使用しているのです。

 

また、街中で電柱に張ってある闇金の広告の携帯番号も飛ばし携帯の番号だと思われます。まず本人名義の携帯で堂々と張り紙をするとは考えられません。

 

闇金業者はこういった飛ばし携帯を複数所持しており、毎月の様に手に入れては使い続けています。それにはちゃんとした理由があるのです。

 

飛ばし携帯を契約した債務者はお金の返済に困っており、携帯の代金など払える状況ではありません。なので契約しても1ヶ月くらいで支払いが滞納して携帯電話を止められてしまうからです。

 

こうなると電話自体が使用できなくなるので次の携帯を用意しておく必要があります。そこで債務者に飛ばし携帯を次々と作らせては使い捨てていくという仕組みなんです。

 

債務者に飛ばし携帯を作らせて警察に見つかりにくくするという工作を闇金業者は行っています。ですが、犯罪を行う組織はほとんど飛ばし携帯を使用していると考えてよいでしょう。

 

オレオレ詐欺といった電話を使用して人を騙す特殊詐欺グループも使用しています。飛ばし携帯は闇金の債務者だけではなく専門の取扱業者も存在すると言われています。

 

闇金で借金をしてしまうと違法な金利の返済を迫られ、返済で追い詰められるだけではなく、飛ばし携帯を作らされて犯罪の片棒を担がされるといった事もさせられてしまいます。

 

飛ばし携帯は闇金業者や犯罪集団が使用する、正体がバレないようにするために使用している携帯電話だと覚えておくと良いでしょう。

 

飛ばし携帯がなくならない理由

飛ばし携帯は犯罪がある限りなくならない?

 

飛ばし携帯は匿名で使用する事が出来るので犯罪組織の需要が高いアイテムです。

 

使用している本人と契約した名義人が違う時点で警察は足取りを追う事が困難になります。なので犯罪組織は飛ばし携帯を使い続けます。

 

また仕組み上、携帯を飛ばしで使われるとは思われないので未然に防ぐ事は不可能と言えます。契約者は一般人ですので携帯会社の人が見ぬけるはずもありません。

 

先ほど闇金業者やオレオレ詐欺の集団が使用すると言いましたが、他にも不法滞在の外国人や色んな犯罪者の手に渡って現在も使用され続けています。

 

闇金の場合は債務者に携帯を契約させたりするのですが、中には休眠会社(活動していないが名前がある会社の事)を買い取って会社名義で携帯を契約するケースも存在します。

 

会社名義の場合、個人名義に比べて契約できる台数が非常に多くする事が可能なのです。そして休眠会社を手に入れれば入れるほど飛ばし携帯を作れるという仕組みです。

 

会社名義で作られた飛ばし携帯は主にグループ内の連絡用に使用される事が多く、本人名義の携帯を連絡で使用するといつ警察にバレるか分からないからです。ちょっとした事で芋づる式に捕まるのを防ぐ目的があります。

 

ですが一部はオレオレ詐欺や投資詐欺といったグループの手に渡って使用される事があります。

 

犯罪組織がある限り、飛ばし携帯が無くなる事はありません。むしろ犯罪に使用される携帯の契約を見破る方法が無いと言った方が正確でしょう。

 

飛ばし携帯そのものが刑罰の対象

飛ばし携帯は契約しても使っても犯罪です

 

闇金業者などが使用する飛ばし携帯は法律で禁止されています。

 

これは「携帯電話不正利用防止法」という法律で禁止されており、「携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律」が特別法として制定されています。

 

第7条に「譲渡時の携帯音声通信事業者の承諾」という記載があります。

1・契約者は、自己が契約者となっている役務提供契約に係る通話可能端末設備等を他人に譲渡しようとする場合には、親族又は生計を同じくしている者に対し譲渡する場合を除き、あらかじめ携帯音声通信事業者の承諾を得なければならない。
2・携帯音声通信事業者は、譲受人等につき譲渡時本人確認を行った後又は前条第一項の規定により媒介業者等が譲渡時本人確認を行った後でなければ、前項に規定する承諾をしてはならない。

となっており、飛ばし携帯を契約した側にも法的な責任を負うことが明記されています。

 

またこの違反を犯した場合には厳しい罰則が適応されます。27条にはこういう明記があります。

第七条第一項の規定に違反して、業として有償で通話可能端末設備等を譲渡した者は、二年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金が科されるという事です。また同時にこの2つが課される場合もあると明記されています。

 

つまり、飛ばし携帯に関わった者は罰則の対象になると解釈して良いでしょう。闇金業者に脅されて契約して渡した時点で刑罰の対象となります。

 

もしも闇金業者からお金を借りて辛い返済に追われている場合、速やかに解決するために弁護士に相談してください。

 

業者に言われるがままにしておくと飛ばし携帯を契約させられ、犯罪の片棒を担がされてしまいます。そうなると警察に逮捕される可能性が出てきます。

 

そうなる前に悪質な闇金業者と手を切りましょう、以下に信用のおける弁護士事務所をご紹介させていただきます。

 

24時間相談を受け付けていますので、今すぐご相談する事をおすすめいたします。そして闇金の辛さから解放されて明るい日々を取り戻しましょう。

 

Duelパートナー法律事務所
  • 24時間受付
  • 全国対応
  • 即時対応
  • 秘密厳守

Duelパートナー法律事務所では、ヤミ金融対策に力を入れており、被害に悩んでいる場合でもスムーズな問題解決が可能です。


また、経験豊富な弁護士による無料相談を実施しており、電話やメールを通していつでも気軽に相談できます。なお、相談内容の秘密は厳守されるので、安心して利用できます。


闇金相談

イストワール法務事務所
  • 最短即日解決
  • 全国対応
  • 費用の後払い、分割払い可能

イストワール法務事務所は、依頼者様の身の安全を最優先にするため警察組織と密接に連絡を取り合っています。


イストワール法律事務所はヤミ金対策に特化した弁護士が最短なら依頼したその日のうちに解決してくれますよ。


闇金相談

ウィズユー司法書士事務所
  • 相談実績多数
  • 365日24時間受付
  • 全国対応
  • 後払い・分割払い可能

借金問題、特にヤミ金など通常の方法ではなかなか解決することができない問題の解決に積極的に関わってくれるのがウィズユー司法書士事務所の特徴です。


悪質な業者の取り立てもすぐに取りやめさせてくれますし、依頼料も後払いで大丈夫なので借金問題で悩んでいる方は無料で相談してみましょう。


闇金相談

ウォーリア法務事務所
  • メールは24時間・全国対応
  • 闇金への支払一切不要
  • 後払い可能
  • 即対応

被害金額数万円でも対応。他社で断られた案件でもウォーリア法律事務所なら対応してくれます。女性の方も安心して相談出来る女性スタッフがいます。

エストリーガルオフィス
  • 全国対応
  • 後払い・分割払可能
  • 最短即日着手

司法書士エストリーガルオフィスでは、多重債務に悩む人に向けて、債務整理業務を実施しています。


NPO法人や株式会社の設立を行いたいという場合も、商業登記の業務を実施しているので、相談することが可能です。詐欺サイトや闇金といった、違法業者への対応も実施しています。